父との思い出


私は父と幼い頃よくバッティングセンターに行っていた。


2ゲームほど打ち込みアイスを買って帰るのがいつもの流れで、私は週末を心待ちにしていた。

 


ある週末、その日もいつものようにバッティングを終え「さて、なんのアイスを買おうかな」と考えていたところ。

 


「卓球やるか

f:id:ZAWAnoBLOG:20190715230503j:plain


父が呟いた。

 


父は卓球部だったわけでもなく、卓球が好きだという話も聞いたことがなかったが、とりあえずやってみることに。

 

 

めちゃくちゃ上手い

 

 

なんかしゃがみ込んでサーブ打つし、子供相手にバックハンドばっか狙ってくる。

相手小4だぞ


これを機にいつもの流れに「卓球」というものが追加された。バッティングをした後なので、正直結構きついのだが同じ時期に世界卓球がやっていたこともあり、私は卓球にハマった。


しかし

 

 

父が全く倒せない

 

 

小学校の卓球クラブに入部し、月に一回学校中の猛者と試合を重ねている私がまるで歯が立たない。

クラブに入って半年ほどで6年生の部長をボッコボコにするまでに成長したのだが、一年経っても父には一度も勝つことができなかった。

 


それでもあきらめず挑戦を続けること半年。ついに、チャンスが訪れる。

 


なんとファイナルゲームに持ち込むことに成功したのである。(ファイナルゲーム‥ゲームカウント3-3になった場合の最終ゲーム)

 


いまだかつて、ここまで父を追い詰めたことはなかった。

父も当時はアラフォーでありスタミナを考慮した場合、小学生の私に分があることは明白。


「ファイナルゲームはミスを待とう」

 


この後ろ向きの考えが勢いにブレーキをかけた。

 

 

あっという間にマッチポイントを握られてしまったのである。


この時、私の頭の中では「父を倒す」ということより「なぜ子供相手にこんなに本気を出しているんだ」という怒りに満ち溢れていた。

 


そして禁断の戦略に打って出た。

 

 

 

 


「大人気な!!!子供に本気出して恥ずかしくないのかよ!!」

 

 

 

ラリー中に父を大声で非難した。

 
父はかなり狼狽えていた

 
それでも大声を出し続けた。

隣で卓球していた人はドン引きしていたし、多分バッティングセンターの大多数の人が注目していたが叫び続けた。

 

 

勝ちたい

ただその一心で

 

 

 

 


普通に負けた。

 


大声出し続けて卓球なんてしたことなかったし、声を出すことで無駄な体力を消費してめちゃくちゃ疲れた。

 
帰りの車内には変な空気が流れ、ラジオから流れる小田和正が心に沁みた。


その後も卓球は二人で良くやっていたし、父に勝つこともできるようになったが、中学に上がり部活に入ってからはバッティングセンター自体行かなくなってしまった。

 


あの時の父はどんな気持ちで私をボコボコにしていたのだろうか?

 


その気持ちは私が父になるまで知ることはできないのかもしれない